『騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編』

ブックレビュー ☆4つ

『騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編』 村上 春樹

ひと月近く前に読み終えていたのだが、何故かレビューが書く気になれなかった。

面白くなかったわけじゃない。
どなたかのレビューにあったように、集大成というのはわかる気がする。
随所に既視感があるのだ。
このシーンって、『1Q84』に似たところあったよなとか、この感じ『ダンス・ダンス・ダンス』みたいとか、これ『国境の南 太陽の西』に・・・、とかいう感じ。
そういう意味では、村上 春樹ファンは楽しめるかも。

終わり方も悪くない。
でも何だろうなぁ、読み終えた満足感みたいなものがどうも希薄。
『騎士団長殺し』ロス、っていう感じでもないと思うし。

図書館で借りて読んだが、ブックオフで半値くらいになったら買って読み返してみようかな。
そうすれば、もう少し好きになれる気がする。
ただ、主人公がいろんな人と交わす会話部分は面白かった。
特に、免色さんと主人公がウィスキーを飲みながら語るシーンは好きだな。

2
『騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編』 村上 春樹 著 新潮社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

『COME ALONG 3』

次の記事

『蜜蜂と遠雷』