『ツナグ 想い人の心得』

ブックレビュー ☆3つ

『ツナグ 想い人の心得』 辻村 深月

『ツナグ』の続編。

亡くなった人に会いたいと願う人の依頼を受け、死者と交渉し面会の場を設定する使者(ツナグ)の役目を祖母から引き継いだ歩美。

「使者が設ける面会は、死んだ者と生きた者、どちらにとっても一度きりの機会。一人の死者にたいして、会うことができる人間はただ一人だけ」

設定は前作と同じだが、面会の物語は前作のが心を動かされた。
ただ、今作は使者としての役割に加えて、歩美の私生活の部分が多く描かれている。
一生懸命仕事に打ち込むし、女性を好きになることもある。
歩美だって一人の若い男性なのだ。
その成長する姿を見るのは、微笑ましい。

Photo_20200119201201
『ツナグ 想い人の心得』 辻村 深月 著 新潮社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

70歳超えても働く

次の記事

和菓子が好き