『さざなみのよる』

ブックレビュー ☆5つ

『さざなみのよる』 木皿 泉

木皿 泉さんの2作目の小説。

末期のがんに侵されたナスミは、富士山が見える病床で、残される夫や姉・妹、同居する大叔母のことを気遣いながら、穏やかな気持ちで最期を迎える。
享年43。

ぽちゃんと落ちた石が水面に立てる波紋のように、生前のナスミに関わった人々の心にナスミの思いが広がっていく。

「よいことも悪いことも受け止めて、最善をつくすッ!」 その言葉通りに生きた。
がさつな印象だが、何故か惹かれる。
ナスミの言葉は、生きていく人たちの心の支えになっている。

命が宿ること、生きることは祝福なのだ。

主人公の死から始まる物語だが、重くも暗くもない。
むしろ優しく暖かい思いが、さざなみのように心を揺さぶる。

おんばざらだるまきりくそわか(生きとし生けるものが幸せでありますように)

Photo
『さざなみのよる』 木皿 泉 著 河出書房新社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

『じっと手を見る』

次の記事

災害ボランティア