釈迦に説法

「釈迦に説法ですが・・・」という前置きから説明されることがときどきあるが、どうも違和感を覚える。
ことわざなんだから仕方ないが、お釈迦さまと比べるべくもないのは当たり前のことで、「いえいえ、そんなことないです。」と即座に否定せずにいられない。
とにかく、どうにも恐れ多いし、素直じゃない僕は、「そんなにわかってるとは思ってないけど、まぁ社交辞令みたいなもんだよ」的な、あるいは「こんなこと知ってて当たり前だよね、え? どうなの? 本当は知らないんじゃないの?」的な、小馬鹿にされてる気さえしてしまう。
もちろん「馬の耳に念仏ですが・・・」と言われるのは論外だが、ここはひとつ「小坊主に念仏ですが・・・」くらいにしてもらえると、素直に耳を傾けられそうな気がする今日この頃なのだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

1回 350円

次の記事

海泳ぎの学校 by Lumina