中学生に790万円賠償命令

歩行者同士の衝突事故で、先日衝撃的な判決が下った。
以下は毎日新聞のWEBより引用

中学生に790万円賠償命令 徒歩でぶつかり79歳転倒、後遺症

大分市で歩いて登校中の13歳の女子中学生(当時)にぶつかられた79歳(同)の女性が、転倒したけがで後遺症が残ったなどとして約1150万円の賠償を求めた訴訟の判決で、大分地裁が中学生に約790万円の支払いを命じていた。府内覚裁判官は「中学生が注意義務を怠った過失がある」と認定し、過失相殺も認めなかった。判決などによると、女子中学生は2017年9月、学校近くの通学路の歩道(幅約2・2メートル)を、同級生と2人で歩いて登校。前方の生徒4人を追い抜く際に、前から歩いてきた女性とぶつかった。両手に野菜を持っていた女性は尻餅をつき、腰の骨を折った。その後、女性は脊椎(せきつい)に運動障害を残すなどの後遺症があった。

判決で府内裁判官は「歩道は約2・2メートルの幅しかなく、歩行者同士が衝突する具体的な危険が発生していた。中学生は安全に留意することなく漫然と生徒を追い抜こうとしており注意義務を怠った」と指摘。「事故の発生に女性に寄与があったとは認められず、過失相殺をするのは相当ではない」と判断した。判決は15日付。
 

やっぱり個人賠償責任保険って必要だなと痛感。
自動車保険や火災保険の特約なら、最高1億の補償が年間1,000円未満の保険料で付けれるんだから、今後も折に触れお勧めしていくことが大切だな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

『羊は安らかに草を食み』

次の記事

『52ヘルツのクジラたち』