『PK』

ブックレビュー ☆3つ

『PK』 伊坂 幸太郎

3編の小説だが、いくつかのキーワードで繋がっている・・・のか。
うーん、繋がっていると言ってしまってよいのか。
いつもの伊坂のように本当につながっているわけではなく、同じ言葉・同じような状況が出てくるが、まったく違う話。

意に反することを、不気味な圧力で強要される。

よくわからないものの力によって

勇気を試されるエピソードで繋がっている。

表紙のイラストのドミノのように、ひとつの出来事がきっかけとなり、別の変化をひき起こす。

『勇気とは、勇気を持っている人間からしか学ぶことができない』 アドラー

『臆病は伝染する。そして、勇気も伝染する』 アドラー

Pk
『PK』 伊坂 幸太郎 著 講談社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

レッカー搬送

次の記事

『ホワイトラビット』