『52ヘルツのクジラたち』

ブックレビュー ☆5つ

『52ヘルツのクジラたち』 町田 そのこ

他のクジラたちよりも高音(52ヘルツ)で歌うクジラがいるという。
周波数が違うため、その歌声は他のクジラには届かず、広大な海で仲間と出会うことが出来ないのだと。

児童虐待・育児放棄・介護・トランスジェンダー・シングルマザー、いろんなところで耳にする言葉だが、その当事者たちの叫びは、52ヘルツで歌うクジラのように、誰の耳にも届かない。
あるいは届いたとしても、聞こえないふりをされてしまう。

その心の叫びを聞けるのは、その痛みを受け止められるのは、同じ苦しみを知っている人だけなのかもしれない。

主人公キナコは、幼いころから母親と義父から虐待を受け、義父が難病で不自由な体となってからは、その介護をひとり背負わされていた。
疲れ果て、自分を失って街を彷徨うキナコを見つけ、救い出してくれたくれたのがアンさんだった。
だが、アンさんもまた、誰にも言えない悩みをかかえていた。

物語の終盤、キナコが2頭のクジラの夢を見るあたりからのくだりは、ややスピリチュアルだが、幻想的で、感動的でもある。

大丈夫、君の声はきっと誰かの心に届く。
声を上げ続ければ、きっと誰かが見つけてくれる。

52
『52ヘルツのクジラたち』 町田 そのこ 著 中央公論新社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です