『銀河食堂の夜』

ブックレビュー ☆4つ

『銀河食堂の夜』 さだ まさし

東京は葛飾の下町商店街の中ほどにできたカウンターだけの小さな店。
店の名は銀河食堂だが、食堂ではなく、スタンドバーなのに居酒屋なのだと。
品が良く、口数少ない謎のマスターに惹かれて、夜ごと集う常連客。

町内の、生きるのに不器用だったり不運が重なった人間たちの、いかにも昭和な感じの人情噺。
顛末を知る常連が語り部となる、6つの夜の連作短編集。

壁に掛かった柱時計が、ボオンと鳴って今宵も更けていく。

・ヲトメのヘロシ始末『初恋心中』

・オヨヨのフトシ始末『七年目のガリバー』

・マジカのケンタロー始末『不器用な男』

・まさかのお恵始末『小さな幸せ』

・むふふの和夫始末『ぴい』

・『セロ弾きの豪酒』

最終話で明かされるマスターの謎。

全体を通して、いろんな意味でなんともクサい。
だけど、クサいけど、悪くない。
人に向けられた著者の目の優しさ・暖かさが随所に感じられるから、かな。

少しは人に甘えたり頼ったりすれば良いのに。
それができない、かたくなな生真面目さがいじらしい。

Photo
『銀河食堂の夜』 さだ まさし 著 幻冬舎

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

あおり運転判決について

次の記事

人間ドック 2019