『海』

ブックレビュー ☆3つ半

『海』 小川 洋子

短編集。

漢字の形から受ける印象の表現、そして活字を題材にしてこれほど官能的な物語に仕上げる小川さん、すばらしいっていうか、エロい。「バタフライ和文タイプ事務所」

お客が語る記憶、思い出や体験等に題名をつけることを生業とする”題名屋” もいかにも小川さんらしい小説だ。「ガイド」

他5篇

Photo
『海』 小川 洋子 著 新潮社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

『DEBUT AGAIN』

次の記事

スイム レッスン