『ホワイトラビット』

ブックレビュー ☆4つ

『ホワイトラビット』 伊坂 幸太郎

詐欺・誘拐・窃盗・人質立てこもり、と相変わらず犯罪のオンパレード。

語り部・目線と時間軸が頻繁に変わり、せわしないというか落ち着かない印象で、話の筋を整理するのが大変だが、ときおり入る作者目線のナレーションが誘導してくれる。

途中、籠城する犯人と対峙する警察と同じように、読者も騙されるのだが、分かった時には驚きとともに心地よささえ感じた。

そして、何となくほのぼのとした余韻を残すエンディングも悪くない。
伊坂作品ではお馴染みらしいが、飄々とした雰囲気の黒澤が意外な活躍をするし、結構好きだな、これ。

「はい、生まれました。はい、死にました。その間には、いろいろあるんだよ。」P.268

Photo
『ホワイトラビット』 伊坂 幸太郎 著 新潮社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

『PK』

次の記事

献血できた!