『この庭に 黒いミンクの話』

ブックレビュー ☆3つ

『この庭に 黒いミンクの話』 梨木 香歩

大人向け絵本。
ネタバレになるがご容赦願う。

これは、ミケルの夢の中か。
山間の村、一軒家にひとりで過ごすミケルの前に、現れては消える、ミンクを探す少女は幼いころのミケル自身?

最後の数頁、唐突に舞台が変わる。
高熱で寝込むミケルと母マーガレット、そして与希子。
彼女たちが蓉子と紀久と共同生活している家。
『からくりからくさ』 の番外編ということになるのかな。

時間と空間が混沌としている。
シュールな物語と鉛筆画による、静謐な世界。

Photo
『この庭に 黒いミンクの話』 梨木 香歩 著 理論社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

年相応

次の記事

『しずく』