第10回 穂の国・豊橋ハーフマラソン

先週の日曜日は、今シーズン初レースの穂の国・豊橋ハーフマラソンだった。
201903241
準備して、ラン友さんと記念撮影。
201903242
今大会初の試みという意気込みゼッケンは、調子が上がらず目標がなかったので、他のランナーさんへのメッセージを書いた。
201903243
スタート位置は昨年のタイムを申告してBゾーンだったが、練習不足・調整不足でとうてい昨年のペースでは走れそうにないので、周りの邪魔にならないよう最後尾から出ることにした。
おかげで整列することもなく、ギリギリまでストレッチ。号砲後は先頭ランナーに声援を送り、ゲストの増田あけみさんや金哲彦さんとハイタッチして、のんびり出発。
ほどなく、全員を見送った後にスタートした金さんが抜かしていったので、しばらく追走。
残念ながら声はかけれなかったが、ペースを作ってもらえたかな。
当初はキロ6分くらいでと思っていたが、5分30秒を切るペースに。
3kmあたりで金さんとは離れてしまったが、その後も沿道の応援に励まされ、ちびっ子とタッチしたりしてペースを維持。
いつもは素通りしている給食のミニトマトやイチゴを食べて、私設エイドの甘酒をいただいて、と大会を楽しみながら、最後まで気持ちよく走りきれた。
201903244
ゴール前では、再び増田さんと金さんにタッチで迎えていただき、結果はなんとか2時間切り。
こんなに走ることが楽しく感じたのは久しぶりだ。
201903245
レース後は豊橋駅ビルでひとり打ち上げ。
レースの満足感で、3週間ぶりのアルコールは格別だった。
麦飯・テールスープはお変わり無料だったし、来年以降も穂の国のあとは、ここで決まりだな^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

『一月物語』

次の記事

『その先の道に消える』