交通事故防止のポイント 5月

パトネットあいち 交通事故情報 より

数字から見る愛知県の交通事故防止のポイント 5月

■過去5年間の愛知県における交通死亡事故を見ると・・・

●5月の特徴
○四輪車乗車中の死者が年間最多
単独事故が多発し、約6割が規制速度を超過

○昨年は、GW期間中に死亡事故が多発し、8割以上が高齢者

●5月は、初夏を迎え爽やかで過ごしやすい季節となり、GWの大型連休を中心に多くの方がドライブ等で外出する機会が増えるため、四輪車乗車中に事故に遭う傾向が高い月でもあります。
四輪車乗車中の特徴として、運転席では、シートベルト非着用者と着用者の致死率を比較すると、約86倍になるという調査結果も出ております。
お出掛けの際は、無理のない運転計画を立て、スピードを控え、全席シートベルトを着用しているか確認しましょう。

■情報配信
交通総務課

前の記事

交通事故防止のポイント 4月