自転車保険が義務化

自転車が関わる事故で死亡や重い後遺症が残るケースが増加していることもあり、本日令和3年10月1日から愛知県では自転車の利用に関して新たな条例が施行されました。

自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例について

主な内容は以下の2点です。

乗車用ヘルメットの着用を努力義務とする
自転車損害賠償責任保険等の加入を義務とする。

事故にあわないように、交通ルールを守って安全に運転することは当然ですが、万が一のための対応が必要です。

なお義務化されました保険として、弊社商品では自動車保険の日常生活賠償責任補償特約(最高5億円)や火災保険の個人賠償責任補償特約(最高1億円)などで対応が可能です。

 

前の記事

交通事故防止のポイント 10月