ダッチョウ倶楽部

我ながら下手なタイトルだとは思いつつ。

2~3年前から右下腹部にふくらみがあるのだが、特に痛みもなかったのでそのままにしていた。
しかし、最近お腹がひどく痛んだことが数回あったため心配になって受診したところ、ふくらみと痛みは関係ないが、”鼠径(そけい)ヘルニア”(つまり脱腸)と診断された。

とりたててすぐにどうこうってことはないが、ひどくなることはあっても自然に治ることは無い。
そして、治すには手術するしかないというのだ。
うーん、この齢になって脱腸とは・・・というかむしろ40代以降の男性に多いらしいけど。
で、手術するとしたら1ヵ月くらい待ちで入院期間は3泊4日程度、手術後は1ヵ月くらい運動はできないって。
うーん、どうしたものか・・・。
どうせいつかはやらなきゃいけないものなら、急を要しない今のうちに仕事の調整がつく時期を選んで手術する、ってのが賢い選択なんだろうな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

『人質の朗読会』

次の記事

寺部OWS