『注文の多い注文書』

ブックレビュー ☆4つ

『注文の多い注文書』 小川 洋子/クラフト・エヴィング商會

「ないもの、あります」と看板に掲げる一軒の怪しげな店、クラフト・エヴィング商會。
そこに持ち込まれた依頼(探し物)は、どれも小説にちなんだものだった。

人体欠視症治療薬 川端康成 『たんぽぽ』

バナナフィッシュの耳石 L.D.サリンジャー 『バナナフィッシュにうってつけの日』

貧乏な叔母さん 村上春樹 『貧乏な叔母さんの話』

肺に咲く睡蓮 ボリス・ヴィアン 『うたかたの日々』

冥途の落丁 内田百閒 『冥途』

それぞれが注文書、納品書、受領書の3部で構成され、納品書に添えられた温もりのない写真が雰囲気を出している。
さて、僕ならなにを依頼しようか・・・

Photo_3
『注文の多い注文書』 小川 洋子/クラフト・エヴィング商會 著 筑摩書房

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

『家日和』

次の記事

『タルト・タタンの夢』