『東京會舘とわたし』(上)旧館

ブックレビュー ☆4つ

『東京會舘とわたし』(上)旧館 辻村 深月

大正十一年、東京丸の内に建てられた社交場・東京會舘。

新築まもない頃から昭和三十九年まで、戦争や震災も経験した建物と、迎える側だったり訪れる側だったり章ごとに異なる”わたし”との物語。

ルネッサンス様式の外観とロビー一面の大理石、格天井の宴会場。
豪華・壮麗な建物はそこで働く人たちの意識を高める。

ボーイ・レストランの支配人・バーテンダー・美容師・菓子職人、皆そこで働けることを誇りに思い、高いプロ意識で提供されるサービスは、訪れる客の満足感を高め、東京會舘の評価を上げる。

そんな相乗効果によって高まる価値、人々から愛された東京會舘の素晴らしさが伝わってくる。

物語は、下巻(新館)へつづく。

Photo
『東京會舘とわたし』(上)旧館 辻村 深月 著 毎日新聞出版

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

物持ちがいい

次の記事

美しいクロール