『家日和』

ブックレビュー ☆3つ半

『家日和』 奥田 英朗

僕にとっては、伊良部シリーズ3冊以来の奥田 英朗。
というか、伊良部シリーズしか読んでないので、あの強烈なキャラクターに大笑いした記憶からすると物足りなさがあったが、これはごく普通の人・普通の家庭のお話だから仕方ない。

【日和】 ① その日の空模様。② 何かをするのに好都合な天候のぐあい。
(新明解 国語辞典 第五版 より)

家・家庭は本来いちばん気が休まる居心地の良い場所のはず。
でも、いつもそうとは限らない。
ちょっとした心遣いや思いやりで、居心地悪かったのが心地良くなることもある。
人から見たら不幸な出来事でも、本人にとっては幸せだったりすることもあるのだと。
もちろん、逆もある。
要は気の持ちよう・考え方ひとつってことか。

さて、我が家はといえば・・・考えるな、信じろ! 今日も家日和だ。

Photo
『家日和』 奥田 英朗 著 集英社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

新たな国語辞典

次の記事

『注文の多い注文書』