『サブマリン』

ブックレビュー ☆3つ半

『サブマリン』  伊坂 幸太郎

『チルドレン』の続編なのだが、前作が短編集だったのに対し、こちらは長編。
はっきりは覚えてないが、前作のほうが主人公 陣内のキャラクターが際立っていて面白かった気がする。
今回も陣内のパーソナリティ・魅力は随所に伺えるが、それよりも犯罪(少年犯罪)の加害者・被害者の心理面により重きが置かれていた。
これって、『死神の精度』と『死神の浮力』でも同じように感じたんだよな。
どちらも続編はそれなりに面白いのだけれど、一作目のほうが好きだな。

Photo
『サブマリン』 伊坂 幸太郎 著 講談社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

わらちのワラーチ

次の記事

海の日 OWS in 西浦