『あつあつを召し上がれ』

ブックレビュー ☆3つ

『あつあつを召し上がれ』 小川 糸

タイトルから想像できるとおり食にまつわる、7つの短編集。

人生の重要な場面でする食事、大切な人と食べた料理、忘れられない味。

食事は記憶に密接にかかわっているんだろう。

残念ながら、僕の味覚・嗅覚・視覚に訴えかけてくるものがあまりなかった。
それが物語の本筋ではないんだろうけれど。
つまらなくはないけれど、それほど面白くもなかった。
前に読んだ 『ツバキ文具店』 がとてもよかっただけに、期待が大きすぎたかな。

Photo
『あつあつを召し上がれ』 小川 糸 著 幻冬舎

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鷹狩り

次の記事

『BAR追分』